書店で多く見かけるTOEICの参考書

ビジネスシーンでも求められる機会が増えてきているTOEICですが、参考書を選ぶとなると数多くあるためにどれがいいのか分からずに適当に選んでしまう事も多いです。
それだとお金ももったいないですし、勉強したいのにあまり効果がなかったといったことにもなりがちです。
TOEICもレベルがありますので、自分の英語力に応じた参考書を選ぶ事が点数アップの早道です。
中学レベルから復習をしていきたいのが450点以下、それから450~600点というように徐々に違うものを選んでいきましょう。
テキストを読んだりリスニングを頑張ったりいろんな勉強を続けていく事になります。
自分がどの段階にいるのかを知る事は意外に難しいものです。
ですが、初心者なのに中級や上級のテキストを勉強しようと思っても全く理解が出来ず、途中でTOEICの勉強をやめてしまう事にもなりかねません。
レベルに応じて効果のある参考書を選んで、計画を立てて勉強をしていきましょう。

TOEICのスコアを上げるための勉強法

TOEICのスコアを向上させるためには、まずはどのように出題されるのか、ということを抑えることが重要になります。
そのためには、公式で販売されている問題集を使用します。
問題集を繰り返し使用するという勉強法を行うことで、出題形式とどのように出題されるのか、ということを把握することが大切です。
TOEICは大きく分けてリスニングとリーディングに分かれます。
最初に対策をしなければならないのは、文法です。
文法はとりあえず読むことには苦労しない程度に身につけるようにします。
複雑な文法問題を解くための文法ではなく、文章を読むための文法です。
その次に文章を読み込みますが、まずは公式問題集一冊を何度も復習し、リーディングの部分を簡単に読めるようにします。
一冊のリーディングの部分を完璧に解けるようになったなら、次にリスニングの部分に入るようにします。
TOEICのリスニングの勉強法は、かならずリーディングができるようになってからやる必要があります。
これは文章を読むことができないなら、文章を聞いて理解することはできないからです。

Favorite

大森 税理士
http://omori.q-tax.jp/

Last update:2016/9/1

  • コンテンツ:twitter
$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>