TOEICを英語力の基準としてとらえる

TOEICを英語力の基準としてとらえる 英語ができる方であっても、それを客観的に示すことは意外と難しいものです。
就職活動などでアピールに使いたくても、どの程度かという事を伝えにくく、なかなかうまく伝えられないという方も多いのではないでしょうか。
英語力は今後のグローバル社会の中で大きな武器となっていくものです。
自分なりに客観的な基準を持ってアピールできるようにしていきましょう。
その方法の一つがTOEICを受験するという事が挙げられます。
TOEICは合否ではなくスコアで結果が出るので、取り組みやすいでしょう。
高得点ならそれなりに英語力があるという基準として利用できます。
こういった基準を持っていくことで履歴書に記載することもできます。
高得点を実現するためには試験形式に慣れるという事も必要です。
過去問などを集中してこなしていくことで問題形式に慣れていくこともできるでしょう。
やみくもに学ぶのではなく正しい努力をして自分の武器を手に入れていきましょう。

TOEICを一ヶ月で攻略する

近年、TOEICの得点数を採用の条件としたり、点数によって昇給する制度のある企業が珍しくなくなってきています。
それだけ、日本においてTOEICが英語能力を示すテストとして重要な位置づけにあるということです。
したがって、毎回の試験では多くの人が受験します。
そんな中、試験まであと一ヶ月しかない、という方もいらっしゃるでしょう。
一ヶ月でTOEICを攻略するにはどうしたらよいのでしょうか。
これはどんな試験にもいえることですが、試験を攻略する一番の近道は、試験の傾向を知ることです。
そして、試験の傾向を知るには過去問が最も有効です。
つまり、過去問を解く、というのは必須といえるでしょう。
また、最近ではTOEICの関連書籍も多く販売されています。
これらの書籍のうち、攻略本のようなものを1冊購入するというのもよいでしょう。
攻略本には自分では発見できない、解き方のコツなどが示されています。
このように過去問や攻略本をうまく活用して、試験を効率的に乗り切りましょう。

check

香川 税理士
http://kagawakenchomae.q-tax.jp/

2016/9/1 更新

  • コンテンツ:twitter
$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>