TOEICの形式の変化について

TOEICの形式の変化について 英語の資格試験でも現在、一番人気とも言えるTOEICですが、その出題形式が2016年5月の試験から変わります。
従来の出題よりも、聞く英文の量、読む英文の量が多くなったのです。具体的には、リスニングセクションでは写真を見て答える問題や短文を聞いて問題に答える問題が少なくなり、会話文を聞いて答える問題が多くなりました。
また、リーディングセクションでは、文法問題の割合が少なくなり、長文を読んで答える形式の問題が多くなりました。
この変更によって、従来のTOEICもすべての問題を解くために必要な解答時間が厳しかったのですが、聞く量、読む量が多くなったことでさらに厳しくなったと言えます。
この形式変更によってTOEICのための勉強はより長文を重視した勉強法にシフトしていかなければなりません。長文が苦手な人は多く、この変更で従来のTOEICよりも点数が伸びなくなるでしょう。
新しい形式に慣れ、長文重視の勉強をすることが重要になります。

スケジュールを柔軟にたてられるTOEIC

日本で有名な英語の能力評価試験としては、TOEICと英検がありますが、どちらのほうが試験を受けやすいかと言いますと、TOEICであると言えるかもしれません。
何故かと言いますと、まず英検の場合には年間で行われる試験の数が限られていますが、TOEICの場合には年間で行われる試験の数が非常に多いからです。
ですから、英検の場合には、試験を受ける側として自分で試験のスケジュールを決められるというよりも、試験のスケジュールに自分を合わせなければならないという感じになってしまいます。
また、試験会場も学校などの文教施設などになることが多く、トイレなどが利用しにくいなど不便なこともあります。
それに対して、TOEICのほうは、企業の施設などけっこう便利な場所が試験会場となることが多いですし、年間で行われる試験の数も非常に多いですので、自分で自由に試験のスケジュールを決めることができると言えるのではないでしょうか。

pickup

天神で相続相談なら
http://akasakamaizuru.zaisan-fukuoka.com/

最終更新日:2017/2/23

  • コンテンツ:twitter
$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>