TOEICを受検するにあたって必要な対策とは

TOEICを受検するにあたって、最も必要な対策とは、まずその試験形式に慣れる事です。
TOEICの試験は長丁場であり、更には膨大な量の問題や長文、リスニングなどをこなさなくてはなりません。
その為にも、事前にその時間と量にしっかりと慣れておく必要があると言えます。
具体的な対策方法としては、まずは時間を計りながら、本番さながらに模試を毎日こなします。
複数回こなしていく内に、長時間に及ぶ試験により後半がバテてしまうなどといった事もなくなり、徐々に体が慣れてきます。
そして次に、時間配分を常に頭に入れながら解答する必要があります。
特にPART5、PART6は、答えが中々導き出せない場合には、すぐに切り捨ててしまう事が必要になります。
これには理由があり、この二つは単語や熟語を理解していない場合には正解に結び付きにくく、その反面、次に出題されるPART7は文章中に正解が隠れている為、時間をかければ正解に結び付く可能性が高くなるといった傾向がある為です。
その為、得点源になり得るPART7をこなす為にも、日頃から語彙力のアップは徹底する必要があります。
最後に、リスニング力の強化も図る必要があります。
日本人が最も苦手とするリスニングですが、TOEICにおいてリスニングは、出題数のおよそ半分を占めている事から無視は出来ないと言えます。
これも毎日、リスニング問題などを聞く様にして、少しずつでも耳を慣れさせる必要があります。
ポイントとしては、完璧に聞き取る事を念頭に置かずに、全体的に何を問われているのか、そして問題を解く上で手掛かりとなる単語は何なのかを聞き分ける事に注意します。

TOEICの通信講座でスキルアップを

現代の社会人にとって、欠かせないスキルの一つが英語力でしょう。
会社の中でも英語が使えるというだけで氷河か上がることがありますし、実際の業務の中で英語の必要性を感じる機会も多いものです。
必要性を感じて勉強しようとしても、なんとなく挫折してしまうという方が多いのではないでしょうか。
英語の勉強というだけでは目標としてあいまいで、続けることが難しくなるのです。
そこで利用したいのがTOEICの試験です。
スコアという形で自分の実力を測ることができるので、より英語力を向上させようというモチベーションにつながっていきます。
定期的に受けてより高いスコアを目指していくという事もできます。
TOEICで高いスコアが出れば、社内での評価や転職の際に大きなアピールポイントとなります。
高スコアを目指すなら、効率的な勉強が必要です。
専門の学校などに通うのもよいでしょう。
働きながら勉強をするなら、時間を問わずに勉強を進めることができる通信講座が便利です。
忙しい社会人は残業が多く、勉強時間の確保が難しくなるものです。
通学などに時間がかかると挫折のもとになります。
そういった心配のない通信講座で、TOEICを攻略していきましょう。

  • コンテンツ:twitter

『英会話 通信』 最新ツイート

@eigokowakunai

英会話の勉強で効果なしと思えた方法とは。 ・通信教育。期限にせかされて習熟できなかった。 ・聞き流すだけの教材。当時は英語の基礎ができていなかったため1年たっても、ほとんど英語力の工場にならなkった。

10分前 - 2016年08月26日


@timeout_eikaiwa

☆タイムアウト英会話☆講師の質には自信あり!アメリカ在住の講師も在籍しているので通信環境は安定しています。無駄なストレスはありません。経験豊富な講師と英会話を学んでみませんか? https://t.co/mAelJzkLna

1時間前 - 2016年08月26日


@timeout_eikaiwa

☆タイムアウト英会話☆ ◎高学歴で経験豊富な講師◎安定した通信環境◎お気に入りの講師の予約が取りやすい◎

1時間前 - 2016年08月26日